みずほ台中央パソコンサービス|HDD・SSD・SSHD交換増設の実例

みずほ台中央パソコンサービス
みずほ台中央パソコンサービスの各種ドライブ類 HDD・SSD・SSHD交換・換装実例のご案内

049-254-0222
電話受付 平日 10:00~19:00/土日祝日 10:00~17:00
所在地| サイトマップ| 個人情報保護法

実例

TOP >ハードディスク・SSD交換のご案内>各種ドライブ類 HDD・SSD・SSHD交換増設実例

ドライブ・ストレージ類交換:増設の実例:その1「起動時間が半分に!」

SSD交換事例、その1「標準ハードディスク160GBからインテル社製120GB」SSD520シリーズ
機種名:ソニーバイオノートSZ93S

SSD換装SSD換装 SSD換装

2007年式VAIOノートVGN-SZ93S Core2Duo 2.00GHz(T7200)に標準HDD(160GB)からインテルSSD:520シリーズ(120GB)に換装致しました。既に6年以上が経過したPCですが、 HDDの調子が怪しくなったのと、またPC自体まだまだ調子が良好なのでSSD換装に挑戦してみました。まだまだイケる!こちらのVAIOノート、延命処置の一環として作業に取り組みました。(※作業の画像と手順状況ですが、省略してますのであらかじめご了承ください。また、お客様ご自身で行う場合必ず自己責任で行ってください。)

SSD換装SSD換装SSD換装

はじめにインテルのHPから専用ドライバーをダウンロード。その後、SATAケースに新品のSSDを入れPCに接続、既存のHDDのデータのクローン(コピー)を作成。無事SSDに既存のデータのコピー(バックアップ)を終了を確認した上でシャットダウンで終了(HDDお疲れ様!)安全のためバッテリーを本体から外した後、分解作業へ。


SSD換装SSD換装 SSD換装

上記のデータのコピー(バックアップ)とバッテリーを外したら、底面のネジを外した後、(※VAIOノートはたくさんネジがあります)スイッチパネル・キーボード・タッチパネル付のベゼルをマザーボードと直結しているフラットケーブル(薄~い配線)を慎重に引き抜きながら分解します。すると、問題児?ではなくそろそろ現役引退の純正HDDがお目見えです。(※HDDは消耗品です。)VAIOの場合純正HDDは機種よりますが、こちらの機種はK国産ですね!といってもVAIOの本体は自然に恵まれた信州は安曇野生まれですヨ!ちなみに余談ですが、海外の映画で目にするVAIOシリーズも同じ場所から巣立っていってます。


SSD換装SSD換装 SSD換装

お目見えした、お疲れ気味の?HDD(純正160GB:2.5インチSATA)を取り外し、外したHDD本体からステー(マウント)を取り外して、既にデータ移植済みのSSDに装着していきます。その後、慎重にSATAフラットケーブルを慎重に挿し込み、PC本体へ装着します。(※右の画像の赤い矢印に注目!待ちに待った感動の瞬間ですね~)後は細部をチェックした後、分解とは逆の手順で組んでいきます。

SSD換装SSD換装 SSD換装

肝心な作業を終え、マザーボード等のチェックをした後、外した外装パーツやキーボード・パネル類をできるだけ清掃しながら、本体へ組み戻していきます。(先に紹介した分解とは逆の手順です)またフラットケーブルも慎重に接続を終え、外装等、すべて組み終えていよいよ感動の瞬間?ではなく起動してみます。(あらかじめ先頭で記述した通りデータをクローン・バックアップ済み!)

SSD換装SSD換装 SSD換装

起動前BIOS画面で120GBのドライブユニットとして確認後、通常通りOSを起動、ちなみに今まで1分半近く掛かった起動時間が約45秒! 起動後、タスクバーにINTELSSDデバイスドライバー認識のメッセージが無事表示されました。またコンピュータ(C)内のローカルディスクではハードディスクという名目で認識しておりますが、中身はしっかりSSDとして動いてますので!

費用などについて

    こちらの作業については内蔵HDDからデータのバックアップ作業(クローン作成)とインテル社製SSDへの交換作業の2点でございます。 またVAIOノートはサイズが小さくなるほど、比較的分解が難しい部類に入りますので他機種と比べ割高になります。その点をご了承の上、ご理解していただいた上で作業をさせていただきます。

  • VAIOノートSSD交換費用:お問い合わせください。
  • 型番・スペック・ご要望・その他、状況についてお伝えください、お見積を作成致します。もちろん無料です。
  • お問い合わせは電話・FAX共通「049-254-0222」 もしくは「メールにて」受け付けてます。
  • ※また、取り外したドライブ・ストレージ類(HDD)はお客様へお返し致します。

▲ページのトップへ戻る

ドライブ・ストレージ類交換:増設の実例:その2「起動時間も短く、さらに容量も保存領域もアップ!」

SSHD交換事例、「標準ハードディスク(640GB)からシーゲート社製SSHD(1TB)キャッシュ容量64GB」ST1000LM014
機種名:東芝ダイナブックT350/56AR

ダイナブックT350/56AR シーゲート社製SSHD 1000GB(1TB)

2010年式、東芝ダイナブックT350/56AR Corei5-M460 2.53GHz(※ターボブースト使用時2.8GHz)に標準HDD(640GB)からシーゲート社製SSHD:1000GB(1TB)に換装しました。新品時から約3年以上経過して標準搭載のHDDから微かな異音を感じ、さらに起動時間も1分半近く掛かっており、この際思い切ってSSD並みの起動時間とデータ保存領域の拡大を両立させたSSD+HDDのハイブリッドストレージ・シーゲート社製SSHD:1000GB(1TB)キャッシュ容量64GBを選択、換装しました。またOSの立ち上げはリカバリーとさせていただきました。 (※作業をお客様ご自身で行う場合必ず自己責任で行ってください。)

交換作業開始標準HDD 分解開始

では交換作業を開始いたします。PC本体からバッテリーを外した後、手前左側にこちらのPCにはHDDドライブが搭載されております。はじめに上蓋にネジが一箇所それを緩めた後、ツメに注意しながら上蓋を取り外します。すると標準HDDドライブがお目見え!と思いきや、さらに一箇所隠しネジを発見!こちらも外します。またネジ類を外したことを確認後、PC本体から標準HDDを後方へ軽く持ち上げ、スライドさせるようにとり外します。

標準HDDマウント付HDDマウント撤去 標準HDDとSSHD

本体から外した約3年お供した標準HDD 2.5インチSATA 640GB 5400rpm(※もちろん東芝製)。次にこちらの標準HDDについてるダイナブックT350/56AR専用のHDDマウント(ステー類)を慎重に取り外します。HDD関連を分解後、各パーツを並べ、次の作業に備えます。(※画像右:左側が標準HDD・右側がSSHD)

PC分解ファン交換 グラフィックボード交換

(※画像左:左側が標準HDD・右側がSSHD)ネジ穴・寸法などを確認後、標準HDDに付いていたマウント(ステー類)を装着します。

PC分解ファン交換 グラフィックボード交換

ついに合体!先ほどと同様、逆の手順でSSHD本体をPC本体にセットします。次に隠しネジを締め付けた後、上蓋を戻し上蓋のネジ締め付け後は動作確認あるのみとなりました。

BIOS確認BIOSセットアップ画面 リカバリー開始

交換作業並びに最終チェックを終え、リカバリーディスク(※事前に作成済み)を使ってリカバリー作業に取り掛かります。 リカバリー前にBIOS画面にて動作確認、すると!そうです今回の目的であるシーゲート社製SSHD:「ST1000LM014-IEJ164」を無事認識(※赤い矢印)。 待ちに待ったリカバリー作業(初期化)を開始に入ります。

設定無事起動 デバイスマネージャー起動

時間は掛かりましたが無事リカバリーを終了いたしました。ちなみに起動時間は約40秒。ちなみにこちらのPCの場合、パーティーション領域画面にて合計サイズ931.51GBを認識、(※ディスク0)またパーテーションの設定についてはリカバリーディスクの設定に従いました。デバイスマネージャー画面でもSSHDの型番「ST1000LM014-IEJ164」認識。(※赤い矢印)今回のリカバリー作業後、今まで通り使用できるように、各種ソフトも再インストール致しました。
※ちなみに上記で記載した通り、こちらの案件では作業前にあらかじめリカバリーディスクを作成。また作業前に大切なデータは外部記憶媒体へバックアップ済みです。

費用などについて

    こちらの作業の場合、ストレージ(ドライブ)交換、以外にリカバリー作業、各種ソフトインストール設定作業の3点を行いました。

  • 交換費用:お問い合わせください。
  • 型番・スペック・ご要望・その他、状況についてお伝えください、お見積を作成致します。もちろん無料です。
  • お問い合わせは電話・FAX共通「049-254-0222」 もしくは「メールにて」受け付けてます。
  • ※また、取り外したドライブ・ストレージ類(HDD)はお客様へお返し致します。

▲ページのトップへ戻る


出張作業も承ります。もしくは近隣地域であれば引き取りならびにお届けにお伺います。

東京23区並びに多摩地区・埼玉南部へは出張にてお客様の元へお伺いすることも可能です

出張作業

必要に応じ、お客さまのご自宅やオフィスにお伺いし、その場で作業いたします。
また、近隣地域であればPCの引き取り、ならびにお届けにもお伺います。
まずはお気軽にご相談ください。
もちろん、出張費用は「無料」です。

交換・修理等について

工賃:その他・準備中。詳細はお問い合わせください。

電話・FAX共通「049-254-0222」

みずほ台中央パソコンサービス

〒354-0015 埼玉県富士見市東みずほ台2-29-4東口サンライトマンション307号 電話・FAX共通「049-254-0222」

▲ページのトップへ戻る

Copyright © 2013 みずほ台中央パソコンサービス. co All Right Reserved.